大人のおもちゃの紹介, 女性の悩み, 記事

シャワーオナニーが気持ちいい?メリットとデメリット、注意点とやり方

シャワーオナニーとは、シャワーを浴びながら行うオナニーのことで、家では気後れしてしまうけれど、したいという願いがある女性にはとても良い選択です。

シャワーで体を洗うだけでなく、別の楽しみ方でバスタイムを楽しみましょう。シャワーオナニーが上手になれば、ラブグッズを使ってより快感を得ることもできます。

メリットの多いシャワーオナニーですが、デメリットや注意すべき点もあります。

本記事でシャワーオナニーのメリットとデメリット、注意点を解説した後は、実際の状況に合わせて試してみてください。

目次

シャワーオナニーとは

シャワーは一人だけの時間で、温かいお湯が肌の上を流れることで、一人で楽しむのに最適な雰囲気を作り出してくれます。

シャワーオナニーとは、浴室のシャワーを使ってオナニーをする方法です。この過程で、性器だけでなく全身に快感を感じさせることができます。

シャワーを浴びることはリラックス効果があり、自己満足の一種として、シャワーを浴びながらオナニーをすることは、まったく普通のことであり、推奨されています。ストレスを和らげるだけでなく、自分の体を知る素晴らしい方法です。

シャワーオナニーの素晴らしい世界をより満喫していただくために、シャワーオナニーについて詳しくご紹介しましょう。

シャワーオナニーのメリット

シャワーオナニーは、間違いなく女性にとって素晴らしいオナニー方法の一つです。

シャワーの時無意識のうちにシャワーヘッドを性器に向けて快感を与えていて、多くの女性にとってこれが性的目覚め体験なのかもしれません。

シャワーでオナニーをするのはちょっと恥ずかしいし、プレッシャーも感じるという方のために、まずはシャワーオナニーのメリットをご紹介しましょう。

  • お風呂タイムのついでにできる
  • 後処理が便利
  • 音が聞かれない
  • 全身集中できる

お風呂タイムのついでにできる

人は突然、気まぐれに欲望を満たしたくなる時が必ずあります。

シャワーはちょうど全裸になれるし、プライバシーも守られるので、誰にも邪魔されることなくオナニーを始めることができます。

後処理が便利

多くの人にとって、オナニーをした後ゆっくり休みたいのに、残ってしまったシミを処理しなければならないのは面倒なことです。

シャワーオナニーなら、服や寝具が愛液で濡れる心配はありません。しかも、愛液や汗が出てもシャワーで洗い流せます。オナニー後はそのまま体をキレイにして、ベッドに戻って休むことができます。

音が聞かれない

家族と一緒に住む場合、オナニーの音やラブグッズの音が家族に聞こえることをいつも気にしています。その結果、気になってオナニーに集中できない、ということはよくあることです。

お風呂でシャワー音がすごく大きいから、他の音は目立たなくなります。しかも、使うラブグッズはシャワーヘッドなので、オナニーしていることを家族に知られる心配もありません。

全身集中できる

また、お風呂という完全個室ですので、ここでは邪魔される心配はないし、オナニーのことに集中できます。

そして、毎日こっそりやっても家族にバレる心配はありません

シャワーオナニーのデメリット

すべてには二面性があり、シャワーオナニーが他のところに与える影響を知る必要があります。

  • 滑りやすい
  • 敏感なところの皮がむける
  • 費用が高い
  • イクにくくなる可能がある

滑りやすい

ほとんどの浴室はタイル張りで、水に触れると非常に滑りやすくなるように設計されているため、転倒の可能性が高いです。

特にオナニーの後で体がリラックスしすぎていると、注意力が散漫になって転びやすくなります。

敏感なところの皮がむける

シャワーオナニーは、強力な水圧を敏感な部分に当てて行うのが主流です。

しかし、乳首やクリトリスなどの性感帯は非常に傷つきやすいため、長時間水圧をかけ続けると皮が剥けてしまう危険性が高いです。

費用が高い

シャワーオナニーときは、イクまでシャワーを出しっぱなしにするため、当然ですが費用がかかります。

シャワーオナニーが習慣化すると、それに対応する費用が高額になる可能性があるため、シャワーオナニーの頻度をコントロールする必要があります。

イクにくくなる可能がある

日頃から強い水圧で性感帯を刺激していれば、徐々にそのような強度の高い刺激に慣れ、 指や舌のような優しい刺激が弱いと思ってしまい、イキにくくなります

シャワーオナニーを常用している人の体験談では、「彼氏とのセックスよりもシャワーオナニーのほうが気持ちいい」という人もいます。 また、シャワーオナニーの気持ちよさに気づいたら、やめられなくなったという人もいます。

強い水圧を常用している人や、オナニーを定期的にしている人は特に注意が必要です。

シャワーオナニーの事前準備と注意点

シャワーオナニーは性器に関わるものなので、健康と安全のために事前に知っておくべき準備や注意事項がいくつかあります。

  • 衛生面に気を配る
  • 滑り止めに注意
  • 時間をかけすぎない

衛生面に気を配る

初めてシャワーでオナニーする場合は、感染を防ぐために、事前にシャワーヘッドなどが清潔であることを確認してください。

シャワーホースを体内に入れないでください。膣マイクロバイオームが破壊され、細菌性膣炎や酵母菌感染症を引き起こす可能性があります。

代わりに、クリトリスを刺激するためにシャワーヘッドが使用できます。お湯の温度を確認し、痛みを感じるほどの水流の勢いが強すぎないかを確認することを忘れないでください。

滑り止めに注意

シャワーオナニー中は転倒の可能性が高いため、浴槽やシャワー内で滑り止めマットを使用することを強くお勧めします。

助けを求めたり、セクシーなセルフィーを撮ったりする必要がある場合に備えて、携帯電話を手の届くところに置いてください。

時間をかけすぎない

長時間水に浸かっていると肌の水分が失われ、肌にとって非常に良くありません。

同時に、浴室に長時間滞在しすぎると、家族が心配してドアをノックして状況を尋ね、オナニーの楽しみを中断する可能性があります。したがって、時間をコントロールし、あまり長く進めないように注意しましょう

シャワーオナニーのやり方

良いシャワーオナニーをするために、こちらからいくつかの提案があります。

  • 水温、水圧を調整する
  • 快適な姿勢
  • 雰囲気を作る
  • セクシーな物語を読む

水温、水圧を調整する

温度が高くなるほど皮膚への刺激も強くなります。同様に、水圧が強いほど刺激も強くなります。ただし、最初から刺激的な温度や水圧を使用すると、あまり楽しむ間もなく一気に絶頂してしまい、場合によっては怪我をする可能性もあります。

通常のシャワーの温度から始めて、弱い水圧で乳首やクリトリスを刺激することができます。シャワーでのオナニーに徐々に慣れてきたら、徐々に温度を上げたり、水圧を上げたりしてみましょう。

快適な姿勢

シャワーオナニーをするときは、自分が一番気持ちよくリラックスできる姿勢を選ぶことをおすすめします。

一般的には、座ったまま足を開く姿勢でオナニーをしますが、セックスの体位に慣れている人はそれでも構いません。

もちろん、座っている必要はなく、立っていても構いませんが、転んで怪我をしないように注意してください。

雰囲気を作る

セックスをするにしても、シャワーオナニーをするにしても、雰囲気を作るのに役立ちます。

浴室にあまりセクシーでないライトがある場合は、キャンドルを数本灯すか、明かりをひとつだけ灯しておくと、よりロマンチックな雰囲気になります。

キャンドルは安全な場所に置き、換気に注意してください。

セクシーな物語を読む

電子機器を浴室に持ち込むのは壊れる危険性が高いので、エロ小説だけを持ち込んでもいいでしょう。

シャワーの前に、お気に入りのセクシーな物語やエロ小説を選んでください。読んでいて盛り上がっていると感じたら、本を置いて、シャワーヘッドと妄想で絶頂に達することができます。

ラブグッズでより気持ちよくなる

シャワーオナニーは基本的に外のクリトリスを刺激してクリイキになるだけで、中イキにをしたいなら、他のオナニー方法を試すといいです。

いつもとちょっと違うオナニーに興味があるなら、浴槽でラブグッズを使ったオナニーもいい選択肢です。

この「Kaya 回転ピストンバイブ」は2股デザインで、同時に膣とクリトリスを刺激でき、挿入部には加熱機能があり、温かい感触が膣全体を包み込みます。

振動、回転、ピストン、加熱機能など、高級ソフトシリコン製でお肌に優しく安心してお楽しみいただけます。

IPX7生活防水タイプですので、お風呂場でもお使いいただけます

また、一番大切なのは、超静音設計で、家族が家にいても誰にも見つからずに楽しめます!興味のある方はぜひお試しください!

まとめ

浴室でのオナニーの時間を楽しみ、この機会に自分自身と共有する親密な時間を心から楽しんでください。

また、シャワーオナニーの長所と短所、注意点を事前に知り、あなただけの幸せな時間をアクシデントで邪魔されないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です