大人のおもちゃの紹介, 生理知識と性教育, 男性の悩み, 記事

男性も生理がいるの?毎月のそんな日々の自己調理、相手との付き合い方

実は、生理は女性だけではなく、男性にもあります。

毎月必ず数日は、強いイライラを感じたり、体調不良を引き起こす日があります。これが男性の生理期間です。

このような不安定な日々の中で、自分がイライラし、相手と喧嘩しないようにするために、いくつかのことを試してみるとよいでしょう。

この記事では、男性の生理期間をスムーズに過ごすために注意すべきことを紹介します。興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

目次

男性も生理がある

男性にも生理は存在し、学名は「男性過敏症候群」といいます。

臨床研究によると、男性の体内のアンドロゲンのレベルは 30 日周期で基本的に 28 日ごとに変化し、テストステロンとアンドロゲンのレベルは低下傾向を示しています。

男性では周期ごとにこれらのホルモンの不均衡が起こり、それが生理につながります。

この周期中、男性は明らかに精神的に落ち込んでおり、同時に免疫力の低下、食欲不振、性的欲求の低下などの症状が現れます。

男性には毎月、体力や気分が落ち込む時期があり、それが3~7日ほど続くという研究結果もあります。

ただし、男性ホルモンの変動は人それぞれ異なるため、異常に明らかな変動がある人も、まったく感じない人もいます

また、男性の生理周期は決まった周期ではなく、月に一度が一般的ですが、2~3ヶ月に一度、場合によっては半年に一度の場合もあります。

男性の生理がくる表現

女性と同じように、男性の体にも生理中にさまざまな異常症状が現れます。

具体的にはどのような症状があるかをご紹介します。

  • 精神的な変動が大きい
  • 体調不良
  • 性欲低下

精神的な変動が大きい

男性の生理中に情緒不安定、怒りやすく、緊張しやすい、記憶喪失、集中力の低下、反応の鈍さなどはよく起こります。

男性の中には、めまい、耳鳴り、血圧の異常な変動、動悸、パニックなどの症状を経験する人もいます。

この時期の男性は通常、周りの人を遠ざけることを選択し、喫煙や飲酒など、自分を解消するために以前はしなかったことを行います。

周りの男性が一時的に急に冷たくなったら、生理中かもしれません。

体調不良

テストステロンやアンドロゲンの分泌は体力にも影響します。

特にテストステロンは体のさまざまな機能の働きに関与しているため、テストステロンが低下すると疲れやすくなったり、体力が低下したりするなどの症状が現れることがあります。

このホルモンの変化により、仕事中に憂鬱な気分になったり、気分の変動が大きくなり、仕事の効率に大きな影響を及ぼします。

性欲低下

生理中の男性は、体内のホルモンの分泌が不安定になり、テストステロンの分泌が大幅に減少してしまい、セックスへの関心が最低レベルまで低下してしまいます。

勃起や射精が困難になる男性もいます

したがって、男性が急に上記のような症状があっても、あまり心配する必要はありません。それはおそらく生理中であることを思い出させるものです。

過ごす方法

生理期間をスムーズに過ごすために、男性はホルモンの変化に合わせて調整を試みることができます。

こちらはおすすめの方法をご紹介します。

  • 自分のスペースを保つ
  • 適切な運動
  • 相手に慰めを求める

自分のスペースを保つ

一人になれる空間を与えて自分のやりたいことをやろうと悪い感情をうまく逃がします。

一人の時間を増やすと、相手と口論する可能性を減らし、制御できずに相手に悪い感情を吐き出すのを防ぐことができます。

適切な運動

生理期間中の男性は、ランニング、水泳、ボール遊びなどの適度な運動を行うことができます。

運動するとドーパミンやエンドルフィンの分泌が促進され、リラックスした幸福感を感じることができます。

同時に、運動をすることで体力を高めることができます。この時期は抵抗力が低下し、病気になりやすくなります。運動を増やすと、ホルモンの分泌が促進され、体力も免疫力も向上します。

運動は体内の内分泌系の安定性も促進し、生理中の不快な症状の軽減に非常に役立ちます。

相手に慰めを求める

悪い感情を消化できないときは、適切なタイミングで相手に慰めを求め、自己嫌悪や悲観的な気分に留まらないようにする必要があります。

相手の助けがあれば、感情的なジレンマからできるだけ早く抜け出すことができ、それは自分の精神健康にも大いに役立ちます。

同時に、カップルの場合は、コミュニケーション中に感情をヒートアップさせることもできます。生理が終わったら、喧嘩する心配もなくなり、仲良く過ごせるようになります。

この「Hi Fan」は9種振動モードが持ち、いろんな刺激をあたえます。次にどう来るかの未知のドキドキさを感じて弄る!使う時は変な声を起こして二人を邪魔することはない、その上に完全防水、まさに便利そのもの!

影響を減らす方法

生理の影響を過度に受けたくない場合は、ホルモンを調節して安定させることから始めましょう。

  • 食事と運動
  • 悪い習慣を取り除く
  • 医者に診てもらう

食事と運動

食事は多様化し、食物繊維、ビタミン、良質なたんぱく質を豊富に含む食品を適切に補給する必要があります。

さらに、男性ホルモンのレベルを高め、不機嫌な気分を和らげるために、毎日適切な身体活動を行うことも必要です。

悪い習慣を取り除く

喫煙であろうと夜更かしであろうと、これらの行動は身体に非常に悪影響を及ぼします。

習慣化すると身体のホルモンレベルに直接影響を及ぼします。このような悪い習慣はできるだけ早く断つことが最善です。

医者に診てもらう

男性の身体的不快感が非常に重く、自力で改善することができず、ますます深刻になる場合は、無理矢理に我慢しないほうがいいです。

身体の不快感を改善するために、すぐに医師と相談し、医師の指導の下で合理的に薬を使用する必要があります。

もちろん、薬は長期的な解決策ではありません。最も重要なのは、食生活や日常生活で体を正しく調整することです。

まとめ

男性の生理周期の変化は女性の生理周期と同じであり、体内時計の現れです。

生理中の場合は、一人でリラックスしたり、音楽を聴いたり、映画を見たり、好きなことをすることができます。

より多くの運動をし、夜更かしを減らすことは体内の内分泌系のバランスを整えるのに役立ちます。

また、前向きな話題について周りの人々とより多くコミュニケーションをとることも気分を調整するのに役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です