大人のおもちゃの紹介, 生理知識と性教育, 男性の悩み, 記事

早漏に困る?オナホールで早漏改善ができる!効果的なトレーニング方法や注意点

やっと彼女と仲良くなれたのに、自分が早漏であることが発覚しまいました。人々はしばしばこれに悩まされます。

オナホールは早漏の問題を効果的に改善できます。方法とテクニックをマスターしている限り、刺激に耐えられる時間を延長することができます。

本記事では、早漏をオナホールで改善するための方法や注意点を解説します。興味がある方はぜひ試してください。

目次

早漏の種類

早漏とは、セックス中ペニスが膣に挿入される前後約1分以内に射精が起こり、射精の時間をコントロールできないことを指します。

早漏には①過敏性早漏②心因性早漏③衰弱性早漏の3つの種類があります。

衰弱性早漏は 40 歳以降によく見られ、老化によって引き起こされるため、ここでは放っておきます。

過敏性早漏

過敏性早漏はペニスへの刺激を感じやすく、少しの刺激で射精してしまうタイプです。

このような状況にある方の場合、適切な方法で練習してペニスを刺激に慣れさせれば、わずかな刺激で射精をすることはなくなり、早漏を改善することができます。

心因性早漏

心因性早漏はストレスやトラウマが原因のタイプです。

こんな状況では、「あまり早く射精しないようにしよう」ということに気にしすぎて、最終的には早漏になります。

これも悪循環となり、早漏に対する悪い気持ちはさらに早漏につながります。

オナホを使ったトレーニングを行うことで自信がつき、結果として心因性早漏が改善するケースも多いです。

オナホールで早漏改善ができる原因

オナホールは主に快感を得るために使用されるため、早漏の原因になると考えられていますが、考え方を変えればオナホールを使って早漏を治療することができます。

  • 膣内を再現できる
  • 手よりスビートがコントロールする
  • 微調整ができる

膣内を再現できる

セックスはオナニーよりも予測不能で、感触も違います。

したがって、手でオナニーをして実際のセックスをシミュレートするだけでは、実際のセックス中に射精をコントロールするのは困難になります。

オナホールは女性の膣の感触を再現でき、挿入するだけでセックスのような予測不能なピストン運動の刺激を得ることができます。

早漏を改善するには、膣内を再現できるオナホールを選びましょう。

手よりスビートがコントロールする

手でオナニーの場合は、しごくスピードや強さには限界があるため、長時間行えばまだ気分に乗っていないのに、手が疲れてしまう状況も少なくありません。

一方、オナホールは体力に制限されなく、ピストン運動の速さや強さなどを多彩に変化させることができ、飽きずに楽しめるので非常におすすめです。

微調整ができる

オナホールは機械ならではの繊細な調節機能があります。

些細な調整機能でペニスにいろんな刺激をあたえます。オナホールのピストン運動の速さや強さ、またマッサージのやり方なども完璧に完成できます。

オナホールの選び方

適切なオナホールを選択すると、早漏改善の効率が向上します。

多種多様なオナホールの中から自分に合ったものを選べるよう、こちらから少し注意点をご紹介します。

  • スビートが調整できる
  • 多彩なモードがある
  • 音声が小さい
  • おすすめのオナホール

スビートが調整できる

大部分の人の早漏は過敏性早漏であるため、スビートが調整できるタイプのオナホールを使用することをおすすめします。

さまざまな速さを使用してさまざまなレベルの刺激に適応することで、時間の経過とともに耐性が大幅に向上します。

多彩なモードがある

人によってペニスの敏感なポイントは異なります。

亀頭が特に弱いと感じる場合は亀頭のみをカバーするものでトレーニングにして、亀頭が特に弱くない場合は全体を刺激するタイプを選びます。

さまざまな状況に対応できるように、多彩なマッサージモードを備えたオナホールを直接選択することをおすすめします。

音声が小さい

これは正常な生理的欲求ですが、それでも他人に聞かれると恥ずかしいし、家族に迷惑をかけるのも良くありません。

したがって、音声が小さいオナホールを選択することをおすすめします。

おすすめのオナホール

T Z4 狂気回転 第2世代」は上記の特徴をすべて兼ね備えたオナホールです。

厚く柔らかなシリコンで、女性の膣内と同じような安心感とより快適さを提供します。

7種超高速回転+7段階吸引で、各段階の刺激がもらえ、射精のコントロールが鍛錬できます。

ホ一ルの上下運動でペ二スの全体を体験ができ、多彩な刺激をゲットします。

オナホールで早漏改善トレーニングのやり方

正しく使用することで効率よくトレーニングをすることができます。

  • ローションを使う
  • 弱い刺激から徐々に刺激を強くする
  • コンドームを使う
  • 射精感が高まってきたら止まる

ローションを使う

膣に挿入した時の愛液を再現するため、ローションを使うのはおすすめです。

ローションを使用すると、過敏性早漏の敏感な亀頭を強すぎる刺激から保護でき、傷つけないようにします。

潤滑剤の粘度によってペニスへの刺激の強さも異なります。水溶性ローションの場合は、その酸性度と粘度が人間の分泌物とまったく同じであるため、セックス中の快感を促進するのに非常に適しています。

ぬるっとしたジェルタイプのローションの場合、粘度が高くてペニスへより弱く刺激を与えるのが特徴で、早漏改善トレーニングには特におすすめです。

早漏が効果的に改善された後は、非日常的な快感を体験するために、ぜひ水溶性ローションを試してみましょう。

弱い刺激から徐々に刺激を強くする

過敏性早漏はペニスへの刺激を感じやすく、少しの刺激で射精してしまうタイプため、最初からの刺激が強すぎると、すぐに射精してしまい、そのようなトレーニングは効果がありません。

最初は最も弱い刺激に調整したオナホールで繰り返し、この強さを慣れてきたら徐々に刺激を強めていきましょう。

時間が経つと徐々に刺激に対する耐性が増し、早漏も改善される可能性があります。

コンドームを使う

一定の厚さのコンドームを着用すると、亀頭の興奮を効果的に軽減し、刺激に対する耐性を向上させ、オーガズムの到着を遅らせ、それによって早漏を改善することができます。

さらに、コンドーム内に射精すると、オナホールから精液を直接取り出すことができ、洗浄時間も節約できます

射精感が高まってきたら止まる

トレーニングの目的は気持ち良く射精することではなく、刺激に慣れて早漏を改善することです。そのため気持ちよくなりたい、射精したいという欲求をコントロールしましょう。

射精感が高まっていく場合、射精したい気持ちを抑え、オナホからペニスを抜き取り、気を散らす行動を使って射精の意識を薄めましょう。

射精感がなくなったらまたオナホールにはいて前のことを繰り返します。

こうやって徐々に射精の限界が突破でき、早漏を改善できます。

オナホールを使う注意点

オナホールを使用する際には、いくつかの注意点があります。

  • 強すぎの刺激を使わない
  • トレーニングの回数を控える
  • 衛生管理を注意する

強すぎの刺激を使わない

あまりに強い刺激になれてしまい、本物の膣の刺激では物足りなくなってしまうことで遅漏になってしまう可能があります。

遅れが長すぎると、セックス中に良いことはありませんし、心理的にも悪影響を及ぼす可能性もあります。

トレーニングの回数を控える

早漏改善のためでも、トレーニングをやりすぎると、性機能障害や実際の性交への適応力の低下につながる可能性があります。

トレーニングは週に3回程度であり、毎回それほど長くする必要はありません。ペニスが疲れていると感じたら、すぐに中止するのが最善です。

衛生管理を注意する

衛生管理はオナホールを使用する際の最も重要な注意事項の 1 つです。

たとえコンドームを着用していても、オナホールは比較的密閉された空間なので、細菌の繁殖を防ぐために、使用の前後に徹底的に洗浄する必要があります。

また、カビの発生を防ぐため、使用後はオナホールが完全に乾いてから保管しましょう。

射精コントロールの練習をする

射精をコントロールする必要性を常に強調してきましたが、多くの人はそれを正確に行う方法を知ってません。

骨盤底筋が弱いと射精コントロールが困難になることがあります。骨盤底筋運動 (ケーゲル体操) は、これらの筋肉を強化するのに役立ちます。

次に、ケーゲル体操の具体的なプロセスを紹介します。興味のある方はぜひ試してみましょう。

  • 適切な筋肉を見つける
  • 技術を完璧にする
  • 集中力を維持する
  • 毎日繰り返す

適切な筋肉を見つける

骨盤底筋の位置を確認するには、排尿の途中で止めてみましょう。あるいは肛門にガスが通過するのを妨げる筋肉を締めます。

どちらの動きも骨盤底筋を使うので、そうでしたらその筋肉が感じられます。

骨盤底筋を見つけたら、どんな姿勢でもエクササイズを行うことができます。最初は横になりながら行うとやりやすいです

技術を完璧にする

骨盤底筋を締めて 3 秒間保持し、その後 3 秒間緩めます。

これを数回続けて試してみてください。

筋肉が強くなったら、座ったり、立ったり、歩いたりしながらケーゲル体操を行ってみましょう。

集中力を維持する

最良の結果を得るために、骨盤底筋のみを締めることに集中します。

腹部、太もも、お尻の筋肉を収縮させないように注意してください。

息を止らず、代わりにエクササイズ中は自由に呼吸してください。

毎日繰り返す

継続することが非常に重要です。

毎日 3セットを練習し、1セットを 10 回繰り返すのが最善です。

まとめ

早漏はすぐに治すことはできませんが、方法を見つけて適切なオナホ選び、ちゃんとトレーニングをすれば効果的に改善することができます。

本当の自分に前向きに向き合い、より良い性体験を目指して努力しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です