大人のおもちゃの紹介, 女性の悩み, 記事

クリイキとは?クリイキと中イキの違い、クリイキのやり方、クリイキ開発のテクニック

クリイキとは、クリトリスでオーガズムに達することをさします。

この記事では、クリイキと中イキの違いとクリイキする仕組みやクリイキ開発のテクニックについて解説します。

クリイキできるようになりたい・感度を上げたいという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

目次

クリイキとは?

クリイキとは、クリトリスを通してオーガズムを得る行為です。

クリトリスは女性の体の中で最も神経が密に分布している部位であり、女性の生理的に最も敏感な性感帯です。

オナニーやセックスでも、指やラブグッズでクリトリスを摩擦したり刺激したりするだけで快感を得ることができる女性も少なくありません。

クリイキと中イキの違い

女性の体には複数の性感帯があり、クリトリス以外にもGスポットやポルチオなどよく知られています。Gスポットやポルチオなどを刺激することによって快感を感じるのは「中イキ」と呼ばれます。性感帯ごとに得られるオーガズムの感覚は違います。

中イキを達成するには、パートナーとの良好な相性と適切なリズムが必要であるため、すべての女性に適しているわけではなく、経験した女性があまり多くありません。ところが、クリトリスが非常に敏感であり、ほぼ 90% の女性がクリイキに達することができます。

クリイキは比較的続けていけますが、中イキでは連続でのオーガズムは難しいと言われています。しかしクリイキの場合、オーガズムを迎えるまでの時間が短く、もたらす快感が比較的浅いです。中イキがもたらす快感はより強烈で余韻も長いため、セックス中に「中イキを目指す」ことも珍しくありません。

中イキに比べてクリイキに至る条件や時間が比較的簡単で短く、中イキとはまた違った快感もありますので、初心者の初めての試みだけでなく、日常の娯楽としても非常におすすめです。

クリイキの快感

クリイキは中イキと比べ、快感のレベルが浅く、持続時間が短いという特徴があります。 通常、クリトリスを摩擦で刺激されると血液が集中し、刺激を続けるとクリトリスから全身に快感が広がり、電気が走るようなオーガズムを感じます。

クリイキによってストレスが解消されるのは、膣や子宮、肛門括約筋などが収縮を起こすため、身体がビクビクと痙攣した感じて身体に快感をもらえることです。また、同時に脳内ではドーパミンやオキシトシンなどの神経伝達物質が分泌されるため、脳をリラックスさせて心の底から満足感が得られるというわけです。

オナニーでクリイキをする方法

オナニーの場合、クリイキは主に、手やさまざまな道具を使ってクリトリスに刺激して達成するものです。

「指オナニー」のほかに、生活にある物を使う方法もあります。そのいくつかの方法をご紹介します。

方法(1)指オナニー

クリトリスは非常に敏感なので、撫でる前に手を洗って湿らせておく必要があります。

最初は直接触ると刺激が強すぎ、少し痛くなる場合があるため、ショーツの上から撫でることから始めるのがおすすめです。撫でているうちにクリトリスが徐々に硬くなっていくのを感じることができます。このとき、爪で優しく刺激して、徐々に快感が高まります。

また、クリトリスに直接触れる前に、小陰唇の内側の溝を指で撫でてましょう。ここには性的な快感がないが、繰り返し撫でることでクリトリス全体に伝わり、徐々に快感が広がっていきます。 マッサージするように優しく撫でてましょう。

愛液が溢れてきたら、指でそっと愛液をすくい上げ、クリトリスを撫でるように当てていきましょう。 クリトリスはすでに触れられるのを待っています。 その期待に応えるように、優しく撫でてあげましょう。

方法(2)ローションオナニー

「ローションオナニー」は、指でクリイキを達成するのを助ける方法の1つです。愛液が足りない女性にはぜひ試してみましょう。

このローションは女性専用で、低分子ヒアルロン酸を配合したローションです。使用後は洗い不要で、クリイキを目指すためにも積極的に使ってみてください。

方法(3)ラブグッズオナニー

女性がオナニーをすると、力が入らなくなったり、手が痛くなったりすることも少なくありません。そんなときこそ、適したラブグッズを選ぶのは大切です。自分にびったりのラブグッズを探して、きっと理想的なクリイキ体験が得られるでしょう。

この「Honey Pistil」は、舐めと吸い一体で、指の届かない刺激と動きを楽しめます。

3段階の吸引力と9段階の舌なめ速度で、柔らかくて厚い舌、素早い舐めぶりでいっぱい感じることが可能で、ぜひ試してみてください。

より早くクリイキをするやり方

クリイキを達成するには、自分にびったり方法を選択することに加えて、いくつかのコツを知っておくことも役立ちます。

ここではいくつかのコツを紹介していきます。ぜひ興味があるのを試してみてください。

方法(1)触り方を工夫する

触り方を紹介するため、以下の例を示します。

  • 周りの皮膚を触る
  • 指で優しく叩く
  • 円を描くように触る
  • 爪で優しく刺激する
  • 適当につねる

人の体質に応じて、適した触り方がさまざまです。新しい方法を試し、あらゆる種類の楽しみを試してみることをおすすめです。

方法(2)体勢を変える

人によって好きな触り方が違うだけでなく、好きな体勢もいます。最もよく使われるのは仰向けと立ち姿勢ですが、他の体勢でクリイキやすい人はかなりいます。体勢を紹介するため、以下の例を示します。

  • 仰向け
  • 立ち姿勢
  • うつ伏せ
  • 座った姿勢

環境に応じて試したい姿勢を選ぶことができます。もちろん、あまり経験のない方は仰向けから始めることをおすすめです。

方法(3)クリトリスと各性感帯を同時に刺激する

異なる性感帯を同時に刺激することで、快感の高まりを感じやすくなります。 さまざまなスピード、リズムなどを試してみましょう。

体の各部分を触り、体の反応に集中し、自分のリズムに従うことで、もしかしたら今まで知らなかったような敏感なところを発見できるかもしれません。

一時的にどこから始めたらいいのかがわからない場合は、まずクリトリスと乳首を同時に刺激するから始めることをおすすめです。

クリイキでセックスに快感をする方法

セックス中は基本的に男性がクリトリスを刺激するので、やり方がオナニーよりも多岐にわたります。セックスからより多くの快感を得るためにはパートナーと協力する必要があります。

女性にとって、セックス中にクリイキを得ることができれば、セックスの体験が急上昇にします。

方法(1)クリイキのポイントを教える

十分な性的刺激があるにもかかわらず、なかなかオーガズムに達しない女性は少なくありません。 そのため、あらかじめパートナーとコミュニケーションし、女性のクリイキに関するものを教え、クリイキに達しやすい動きを完成させるように誘導します。

また、相手がその動きを完成したときに、心地よい反応をしましょう。そうすることで、パートナーはその動きが正しいかどうかを知ることができるだけでなく、その動きを続ける自信を持つことができます。

方法(2)クリトリスと膣を同時に刺激する

2か所を同時に刺激されると、二倍の快感が互いに高め合う相乗効果も見込めます。

パートナーに舌でクリトリスを優しく舐めてもらい、同時に指を使って膣をリズミカルに動かしましょう。

オーガズムにくい体質のなら、ぜひ試してみてください。

方法(3)ラブグッズを使う

もっと刺激が欲しいときは、パートナーにラブグッズを使ってもらうと、クリトリスを素早く刺激できるだけでなく、パートナーが他の敏感な部分にも働きかけることができます。

クリトリスをマッサージしている間、パートナーの声や指の間の温もり、厚みのある胸がセックスをヒートアップさせてくれます!

クリイキのまとめ

最初はイク経験がない場合、時間がかかっても、オーガズムまでにはいかない状況がごく普通です。あくまで焦らず、ゆっくりと自分の体に向き合ってみましょう。

クリトリスへの刺激で得られる「クリイキ」は、初心者にとっておすすめのオーガズムの一つです。最初はひとりエッチや彼とのセックスを通じてクリイキから挑戦してみて、少しずつクリトリスの開発をしていきましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です